WORKS
041.
再生する家
Renovation House
Design : Kouichi Kimura
Photograph : Yoshihiro Asada
日本語
English
築23年の木造2階建て住宅のリノベーションである。
既存のプランは、個室型でリビングも狭く、細かく区切られた空間は、閉塞感が感じられた。
そこで、必要のない客間や間仕切りを取り払い、視線と動線を意識した回遊性のあるプランを計画した。
エントランスは、テラスとリビングを繋ぐ解放的な土間空間になっている。
そして、視覚的な広がりと生活空間が広がるように、リビングの壁面に沿って収納、カウンター、小上がりスペースが一体化した造作を施した。
周囲からの視線を遮る高い塀で取り囲んだテラスには、室内からのアイポイントになる植栽帯を配置し、立体的な空間を演出している。
テラスからエントランスそしてリビングがリズミカルに連続する。
2階では、ホールを拡張し、新たに書斎を設けて空間を穏やかに分節した。
天井の高さと射し込む光の量を抑えることで、落ち着いた空間になっている。
ホールに見える柱は、今まで壁に隠れていたものだが、見せることで、空間を演出するエレメントとの一つになっている。
築年数を重ねた住まいは、空間の可能性を持った家へと再生した。
The project was to renovate a two-story housing that was built 23 years ago.
The original floor plan had individual cells and a small living room. The space composed of little compartments evoked a cooped-up feeling.
Therefore, a plan was made to have migration and eyes/traffic consciousness by eliminating unnecessary guest rooms and partitions.
The entrance serves as an open dirt floor that connects the terrace with the living room.
Aiming to expand visibility and living space, a counter and a raised space are put together as a unit that has been built along the living wall.
It is surrounded by a high wall that blocks eyes of the surrounding environment, and is provided with planting that catches eyes of inside the rooms. The terrace, the entrance and the living room are thus rhythmically continued.
On the second floor, the hall has been expanded and a study room newly provided to loosely segment the space.
The space looks calm because of the moderate ceiling height and subdued light coming in.
The exposed column in the hall, which was hidden inside the wall before, now serves as an element to produce the space.
The home, which has been built over many years, has been now renovated to be the house with potential of space.
Architects: FORM/Kouichi Kimura Architects
Location: Shiga, Japan
Client: Private
Construction Year: 2018
Site Area: 212m2
Constructed Area: 139,94m2