WORKS
040.
呼応する空間
House for a Photographer
Design : Kouichi Kimura
Photograph : Yoshihiro Asada, Norihito Yamauchi
敷地は、田園地帯を通る幹線道路沿いにある。周辺には、民家が立ち並び、神社の参道を囲む鎮守の森が広がっている。
鈍い光を放つ亜鉛鉄板とモルタルで仕上げられた量感のある建物は、L字の敷地形状に沿うように配置されており、向かい合う神社の社と対峙するかのように佇んでいる。
この建物は、写真家のアトリエとギャラリーの併用住居として利用される。
クライアントの要望は、作品制作するアトリエと暮らしが一体化した空間である。
そこで、機能ごとにスペースを分節するのではなく、住み手がどのように暮らしたいのかを明確にすることで最適なプランを導き出した。
エントランスアプローチから続く薄暗がりの通路は、繋がるギャラリーの天井から射し込む光によって、訪れる人を内部奥へと誘導する。
ギャラリーは、風景そのものを展示したかのように開口部によって風景が切り取られ、コントラストを付けたスケールと自然光が共鳴し合う空間になっている。
日々の暮らしの中に静かな高揚感を感じさせるこの空間は、フォトジェニックな撮影場所としても機能する。
ギャラリーを巡る路地のような細長い通路空間は、アートや写真を壁に飾ることの出来るスペースとしても利用され、単なる移動空間ではない機能を備え持っている。視線の切り返し、天井高さの変化、自然光が創り出す陰影によって通路空間は美しく演出される。建物中央に位置し、フロアレベル差のあるホールは、各スペースを結ぶ八ブ空間になっている。暮らすための必要な水回り、カウンター、階段が配されており、かつ中庭からのアプローチと繋がる構成は、機能面からの快適性に加えて美しい場面を演出する。
生活空間としても利用するアトリエは、フォトスタジオとして対応するためのプロポーションとスケールを持ったダイナミックな空間となっている。ハイサイドライトから降り注ぐ光が、室内を柔らかく包み込み、自然光を活かした撮影を可能にする。
随所に置かれた撮影機材やビンテージ家具、楽器、アート作品などが溶け込む空間は、写真家の感性や美意識と呼応し、新たな創作や活動を生み出す拠点となっている。
The site is located along an arterial road that runs through countryside. In the neighborhood stand private residences and a grove of the village shrine surrounding a passage to the shrine.
The building is made of mortar and galvanized steel sheet which reflects dull light, making it look massive. It is laid out to be accommodated within the L-shaped lot, and stands facing the shrine on the opposite side.
The building is to be used as a studio and gallery of the photographer and his residence as well.
The client requested to unite the studio where he produces works with his living space.
Thus, I came up with an optimum plan by clarifying how the resident wants to live instead of segmenting the space by function.
The dim passage from the entrance approach invites visitors into the innermost space while guiding them with light thrown from the ceiling of the connected gallery.
The gallery clips out a landscape with the opening to look like an exhibition. Its contrasted scale and natural light resonate with each other.
The space that quietly inspires a feeling of exaltation among ordinary life also plays a role of photogenic shooting location.
The long thin passage serving as an alley to go around the gallery has other functions than a mere pathway; it is also used as a space to post artworks and photos on the wall. It is beautifully themed with sight switching, different ceiling heights, and shade and shadow created by natural light. The hall that is located at the center of the building with different floor levels plays a role of a hub which connects with each space. It also incorporates plumbing equipment, a counter, and a staircase that are necessary for living, and is connected to an approach from the courtyard, thus not only providing functional comfort but also displaying scenic beauty.
The building used as a living space also offers a dynamic space with proportion and scale that allow it to serve as a photo studio. Light coming through the high-side light envelops the room, enabling photo-shooting with natural light.
Photo shooting equipment, vintage furniture, musical instrument, and artworks are placed here and there, blending in with the space. It acts in concert with the photographer’s feeling and aesthetic and acts as the base to produce new creativity and activities.
Architects: FORM/Kouichi Kimura Architects
Location: Shiga,Japan
Client: Private
Construction Year: 2017
Site Area: 420,94m2
Constructed Area: 169,41m2